プライバシーポリシー

GDPRの個人データの保護のための2016427日の欧州議会および理事会の規則2016/679(一般データ保護規則)に準拠。

1. データの管理者およびデータの保護の検査官データの管理者は国家の間の準備銀行であり、その登録の事務所は: ウィントフック、ナミビア、46、ビスマルクストリートであります(以下「銀行」またはと呼ぶ)。

データの保護の検査官は、データの保護のオフィスに配置されることができます。データの保護のオフィスのアドレス: 私書箱90714、ウィントフック、46、ナミビア、ビスマルクストリート, 電子メイル: info@ri-bank.com.

2. データ処理の目的と法的な根拠.

国家の間の準備銀行は、以下の目的のために、個人および法人、ならびに個々の会社および/または自営業の専門家の個人データ(以下、「個人データの主体」といいます)を処理します。

  • 個人データの主体が当事者となっている契約の実行、または個人データの主体の要求に応じた事前の契約の措置の実行。国家の間の準備銀行は、契約の要件に従って、個人データの処理を実行します。これらの目的のために必要なデータを提供することは、適切な場合には、個人データの要求に応じて契約の義務または契約を締結するためまたは契約の前の出来事を実行するために必要な要件を構成する: 上記のデータがない場合に、銀行は関係を確立したり実行したりすることはできません;
  • 国家の間の準備銀行の義務の履行(例えば、マネーロンダリング防止法の下で確立された義務または監督当局、司法または他の当局による規定の履行)国家の間の準備銀行は、大局的な法または法律によって定められた義務を遵守するためにこの情報を処理します。この目的のために必要なデータを提供することは法的な義務を構成します; 法的な義務がない場合に、銀行は関係を確立することができず、銀行に対する報告の要件を設定する可能性があります;
  • マーケティング調査を含む、銀行または第三者の会社の商品およびサービスの広告。国家の間の準備銀行は、関連した個人データの主体が同意を与えた場合にのみ、このデータを処理します。これらの目的のために必要なデータの提供は必須ではなく、上記のデータの提供の拒否が悪影響を及ぼすことはありません。そして商業のメッセージを受信する不能は悪い結果をもたらすことができます;
  • 嗜好、習慣、消費者の選択に関する情報の自動化されたツールやシステム(例えば、容積のデータ)の使用を含む、顧客プロファイルの作成および分析を通じて明確に特定された当行または第三者の企業の個々の製品/サービスの販売、 促進 、更新される行動のスタイルや特徴的な特徴(顧客の肖像の形成)に従って、個人データの主題を同種のグループに分割することを目的としています。第三者から受け取った情報にデータを追加して取得することができます(データの拡張子)。関連する個人データの主体が同意を与えた場合に限り、国家の間の準備銀行はこのデータを処理して消費者の肖像を作成します。個人データの主体はいつでも上記の同意を撤回することができます。これらの目的のために必要なデータの提供は必須ではなく、上記のデータの提供の拒否が悪影響を及ぼすことはありません。そして商業のメッセージを受信する不能は悪い結果をもたらすことができます。

3. 処理されたデータのカテゴリー.

国家の間の準備銀行は、個人データの主体または第三者から直接に受信した個人データを処理します。個人データには、識別データ(姓、名、住所、生年月日、出生地など)、ビジュアルデータ(ID文書の写真など)が含まれます。および上記のカテゴリに関連するその他のデータが含まれます。銀行は,自分の主導で, 個人的なデータの主体の個人的なデータ(例えば、人種的または民族的な起源、政治的な見解、ならびに宗教的または哲学的な信念、労働の組合への加入、個人を明確に特定することを目的とした遺伝的および生物測定学的なデータ、健康の状態に関するデータ、人の生活や性的な指向に関するデータ)の要請をしないで、処理を行いません。しかし、顧客との関係に特有のサービスや業務に対する特別な要求を満たすために、銀行はそのようなデータ(例えば、党や組合への賦課金の支払い、協会への貢献など)を処理する必要があるでしょう。銀行は執行を一時に停止することも指定された要求を履行することを拒否することもできないので、個人データの主体が当該の処理に対して書面による同意を与えた場合にのみ、契約の締結の提案を受諾することができます。そのようなデータの処理は、クライアントから受け取った要求を満たす目的でのみ行われます。

4. データ受信者とデータ受信者のカテゴリ.

個人データの主題の個人データは、個人または法人に利用可能になることができます。例えば、人民元の従業員、派遣の労働者、臨時の労働者、修習生、相談役および請負業者を含む、管理者の地位にある個人または法人、ならびにそれらに割り当てられたタスクを実行するためにデータ処理を実行している個人。
個人データの主題の必要な同意を得ていない銀行は、法律、規制または地域の規制によって定められた義務に従って、個人データを転送する必要がある組織に個人データを転送する権利を持っています。

5. 個人データの主体の権利.

現在のデータ保護の規定は、個人データの主題に特別な権利を付与しており、個人データはそのような権利を行使するためにいつでもデータ管理者に適用することができます。

個人データの主題によって行使される可能性のある権利は、以下のとおりです:

  • データへのアクセスの権利;
  • データの修正への権利;
  • データの削除への権利;
  • データの処理の制限への権利;
  • データの転送への権利;そして
  • 異議への権利。

個人データの主題は、その裁量でいつでも同意の提供のパラメータを変更することがあります。

データへのアクセスの権利.

アクセスの権利は、個人データの主体が個人データの主体についてどのような種類の個人データを銀行が処理しているのかを知り、そのデータのコピーを受け取る可能性を表します。(追加のコピーを要求するとき、個人データの主体から追加のコピーを作る費用に基づいて料金が請求されることができます).

提供される情報にはデータ処理の目的、関連な個人データのカテゴリー、可能であれば – 個人データが保存されるには予定期間、できない場合にそのような期間を設定するために使用される基準、また、第三国へのデータ転送に適用される保証、および個人情報の主体が行使する権利について保証は詳細に示されます。

データの修正への権利.

データの修正への権利により、個人データの主体は、この主体に関連した当行が保有している不正確または不完全なデータを更新または修正することができます。

データの削除への権利(いわゆる「忘却への権利」).

忘却への権利は、以下の特別な場合に、個人データの主体がこの主体に関連している個人データの削除を要求することを可能にします:

  • 個人データは、収集および処理された目的にはもう必要はないです;
  • 個人データの処理のために他な法的な根拠がない場合に、個人データの主体は、処理の根拠となる同意を取り下げます;
  • 個人データの処理の主体は処理に反対します。データ管理者によって行われる処理のために追加の法的な根拠はありません:
      • 自分の法的な利益または第三者の法的な利益の追求のために根拠はありません。ならびにデータ管理者は処理のために有効な法的な根拠はありません;
      • カスタマーの姿絵を作成するなど、ダイレクトマーケティングの目的で;
  • 個人データの主体の個人データが不正に処理された;
  • 法的な義務を果たすために、個人データを削除する必要があります。

この権利は、同意の撤回後も行使されることができます。

データの処理の制限への権利.

特定な状況で、個人データの主体は、銀行がそのデータの処理の許容レベルを制限する求めることができます。個人データの主体はデータ処理を制限への権利を以下の場合に適用することがあります:

  • データの削除の代替として処理は違法です;
  • (要求のチェックの前に)データの修正のために要求がありました;
  • 人が処理に対して反対します(異議が銀行によって確認されるまで);
  • または 銀行にとって、このデータはもはや重要ではありません。けれども、個人データの主体は、個人データに対して請求権の確立、行使、または争うのために権利を要求します。

保管の手順を除き、処理の制限がある場合に、個人データの処理が禁止されます。

データの転送への権利.

転送への権利により、個人データの主体は、他の目的のために銀行に提供した個人に関する個人データを取得することができます。個人データの各主体は、それに関連する個人データの受信を要求するか、または一般的な使用のために、構造化フォーマットで、明らかに他の個人データのオペレータへの転送を要求することができます。

データの転送は個人データ(姓、名、住所、生年月日、居住地など)、および各商品/ サービスのマクロカテゴリについて銀行が決定した一連のデータにのみ適用されます(たとえば、現在または完了した取引の関係、現在のアカウントに関する取引)。この権利は、人的なプロセス(紙ファイルやレコードなど)には適用されません。

異議への権利.

異議への権利により、特定の状況において、個人データの主体が自分の個人データの処理を取り消すことができます。

5.1 権利の施行に対する例外.

データ保護の規定は、個人データ主体の権利の施行に対する特定な例外を認識しています。

以下の必要な条件のリストから1つ以上の条件が満たされる場合に、銀行は、個人データの主体の権利の施行にもかかわらず、個人データを処理し続けることができます:

  • 銀行によって呈示された法的な義務の履行;
  • 訴訟や紛争の解決(個人または第三者の);
  • 内部および/または外部の調査/チェック;
  • 国内および/または外国の公的機関からの要求;
  • そのような公益の理由;
  • 銀行と第三者との間に有効な契約の締結;
  • および/または 銀行により示されたどんな邪魔な状況/技術的な性格の状況。

5.2. 権利の行使の手続き.

自分の権利を行使するために、個人データの主体は、電子メールアドレスinfo@ri-bank.comによってまたは、書面による要求を国家の間の準備銀行、メールボックス 90714、ウィントフック、ナミビア、46、ビスマルクストリートに送付することによって銀行に連絡することができます。

応答の時間は1ヶ月で、けれどもむずかし場合に応答の時間は応答の時間は2ヶ月になります; このような場合に、銀行は1ヶ月以内に一時的な連絡を提供するなければなります。一般的に、権利の行使は無料です。それにしても、要求の処理の複雑さを評価し、正確な要求または追加の要求(繰り返しの要求を含む)がない場合に、銀行は支払いを要求する権利を留保します。

銀行は、要求を提出した当事者を特定するために必要な追加の情報を要求する権利を有します。

6. 個人データの保管の期間.

国家の間の準備銀行は、関連した法的な規制を遵守するために、ならびに第三者を保護または自分を保護するために、契約に関係の期間の全体および契約の終了の後に発生する義務を果たすために、契約の関係の全期間の間におよび契約の完了の後に主体の個人データを処理および維持します。特に、個人データの主体の個人データの有効の期間は次のとおりです:

  • マルチ契約に含まれた製品/サービスのために:閉鎖日にかかわらず、当座預金口座のキャンセルから他の関連な製品/サービスの有効の期間まで;および/または;
  • 特別な契約によって規制されている他のすべての製品/サービスのために(クレジットカード、デポジットなど):特定な製品/サービスの契約に関する終了日から.

国家の間の準備銀行は、個人データの処理に従事している他のデータ管理者にデータの削除について主体の要求を転送するに対した義務を負っています。以下のような追加の処理が必要でない限り、データ保持の期間の終了から、個人データの主体に関する個人データは削除されるか、個人データの主体を識別できない形式で保存されます。追加の処理は必要がある場合のリスト:

  • 保管の期間の満了の前に開始された紛争の解決の場合におよび/または訴訟の実行の場合に;
  • 保管の期間の満了の前に開始された政庁の管理サービスおよび/または外部の機関によって行われた調査/検査の継続;
  • 保持期間の満了前に当行に送付または送付された国内および/または外国の政府機関からの要求の執行。

7. 他国へのデータの転送.

個人データは、欧州委員会によって適切なレベルの個人データの保護を持っている国として認識された欧州連合または欧州経済の地域外の国(いわゆる「第三国」)にも転送できます。国家の間の準備銀行は、欧州連合で利用可能な保護レベルと同等の適切なレベルの個人データ保護がある場合にのみ、他の第三国にデータを送信します(例えば、欧州委員会によって規定された条約の標準的な条項への署名を通じて), また、第三国に所在している国家の間の準備銀行の供給者が、個人データ主体の権利の行使を確実に保護するために適切な措置を講じる同意しました。

8. S.W.I.F.Tによる資金の振替中のデータ処理に関する情報のメモ.

国際的な金融の取引を伴うために(たとえば、海外への銀行の振込を伴うのために), また、国内の特別な業務を伴うのために(例えば、外貨での現金の振替および/または非居住者の取引相手との取引を伴うのために)。上記の措置の実行は、個人データの主体によって要求されます。S.W.I.F.T(世界の銀行の間の金融チャンネルの協会)ベルギーに登録された事務所を持っている(www.swift.com)によって規制されている国際的なメッセージングサービスを使用する必要があります。 銀行はトランザクションを完了するために必要なデータについてS.W.I.F.Tに通知します。(S.W.I.F.T. 監査役  の  Net Finシステム) (たとえば、払い手、受取人および関連な銀行の名前/名前、銀行の詳細、金額、および記載された場合に支払いの基礎).

9. ナビゲーション、Cookieの使用、およびCall Centerで使用のために及びデータの送信のためにデータ処理に関する情報のメモ。.

適用される法律に従って、安全の対策およびその他の必要な対策の遵守を確実にするために、個人的な情報の主体の確立された消費者の習慣および嗜好はクッキーおよび他の同様の技術を使用して分析されます。国家の間の準備銀行は、適用される法的な規定により許可されている場合にのみクッキーを使用します。さらに、銀行のコールセンターのシステムおよび手続きは、個人データの主体の一部のデータへのアクセスを要求します。 (たとえば、発信者の削除された番号、通話の継続の時間、および個人データの主体の事前の通知を伴う通話の音声録音).特別な指示と顧客からの指示によって、そして特別な要件に関して (たとえば、セキュリティシステムの要件など)銀行は、証明を目的とし、紛争が発生した場合には権利を保護するために、電話での会話の内容を記録する権利を持っています。 これらすべての場合には、個人データの主題は、電話での会話の始めに指定されたエントリについて通知されなければなりません。 この問題に関する詳細な情報は、ウェブサイトwww.reserveinterstatebank.comの適切なセクションにあります。

10. プライバシーポリシーの変更.

国家の間の準備銀行は、このプライバシーポリシーを時時に変更する権利があります。ウェブサイトの情報の更新をモニターしてください。

インターネットのために記事を作成または変換するときに、HTMLエディタのオンラインツールを使用することを忘れないでください。